物件の現状復帰を対応してくれる業者を探そう【費用やスキルを比較】

記事リスト

ガイドラインをチェック

作業員

賃貸物件における常識

賃貸物件では必ず原状復帰についての説明を受けます。これは退去する際には入居時と同じ状態にして退去する事を指します。この原状復帰のかかる費用は一般的には入居時に支払いをする敷金や保証金で賄われますが、どこまで原状復帰をすべきかが最も重要なポイントです。原状復帰とは単に入居時の状態に戻す事ではなく、通常使用による劣化や摩耗も考えて復帰する事を指します。つまり簡単に言えば、故意や過失で破損等をしたものは元に戻す義務がありますが、通常使用による劣化は対象外という事になります。これは近年国土交通省のガイドラインが発表されてからの通例となりました。以前は通常使用による劣化も原状復帰対象とみなされる場合が多く、全国でトラブルが続いていました。この通常使用による劣化や摩耗とは冷蔵庫を置いていた場合の壁の黒ずみや、家具等を置いていた床のヘコミ、さらには畳の色の変化等です。使用していようとしまいと、建物が経過年数と共に変化していく経年変化と同じ捉え方をします。原状復帰についてはこのようなガイドラインがある事を踏まえて賃貸契約を結ぶ事が大切ですが、ガイドラインがあるといっても契約書に記載されている内容が優先されますので、注意が必要です。なお、近年は現状復帰とインターネット上で表記される場合等がありますが、現状復帰という言葉はありません。現状復帰は原状復帰の漢字が誤ったものであり、正しくは現状復帰でなく原状復帰である事も間違えなく覚えておく必要があります。

Copyright© 2018 物件の現状復帰を対応してくれる業者を探そう【費用やスキルを比較】 All Rights Reserved.